1. トップ
  2. 総合ニュース一覧
  3. プレスリリース
  4. リラクヘルスケア研究所、青木晃医師と体質改善プログラムを研究開発〜ウェアラブル活動量計MISFIT RAYを採用した生活習慣病むけのプログラム「Medites」〜

リラクヘルスケア研究所、青木晃医師と体質改善プログラムを研究開発〜ウェアラブル活動量計MISFIT RAYを採用した生活習慣病むけのプログラム「Medites」〜

店舗運営やヘルスケアITサービス開発による健康増進分野から医療コンサルまでを一貫して提供する株式会社リラク(所在地:東京都港区、代表取締役 江口康二)は、Dr.アンチエイジング 青木晃 医師と研究開発を進めている体質改善プログラム「Medites」に、株式会社フォッシルジャパン(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 木村信也)のウェアラブル活動量計「MISFIT RAY」を活用し、ライフログを活用した生活指導のサービス提供を開始いたします。

d16099-56-812652-0.jpg 

サービス開発背景
 リラクは創業以来17年以上、店舗・アプリ・ウェブメディアを通じて人々の日常的な健康管理をサポートして参りました。その一環として、アンチエイジング医学の研究を続ける青木晃医師とメタボリック・シンドロームなどの生活習慣病の改善をめざした体質改善プログラム「Medites(メディテス)」を開発。2016年5月より「医療法人社団友志会ララクリニック」にてプログラムを提供中です。

体質改善プログラム MeditesとMISFIT RAY採用の経緯
 監修する青木晃医師は、まだエビデンスも少ないアンチエイジング医学の分野において、自らのアンチエイジングをエビデンスとして日々研究をされており、肥満や糖尿病などの生活習慣病を治療してまいりました。青木晃医師が開発した治療指導指針をもとに、リラク ヘルスケア研究所がIT管理サービス&ボディケアメソッドを提供して共同研究・開発を行い、ライフスタイルそのものをより健康的なものに変容していくことを目的とした生活指導プログラムが「Medites(メディテス)」です。本プログラムは、すでに青木晃医師の臨床の現場で活用されており、メタボリック・シンドロームをはじめとする生活習慣病を治療している実績があり、治療効果についても医学的な検証を続けております。
 プログラムの利用中、クリニックスタッフはITシステムを通して日常的な生活ログ(運動量、睡眠、食事、体重、尿検査など)を確認しながら生活指導を行います。この際、治療中の患者は活動量計で毎日の行動量や睡眠をモニタリングすることが不可欠です。このため、ウェアラブル端末には『利用者が日常的に負担なく使えるか』の利便性が非常に重要となります。様々な活動量計を調査・使用・検証する中で、ウェアラブル活動量計「MISFIT RAY」の高い利便性より(計測精度、充電不要、防水機能、デザインなど)、Meditesへの採用が決定いたしました。
 また、Meditesは「Medical Team Support」より名付けており、様々な専門家がチームとなって、1人の毎日に寄り添い、行動変容へと導くサポートをしていく本プログラムの体制を表現しております。

<参考:モニターによるダイエット実績>
本プログラムは単なるダイエットだけにとどまらず、様々な現代人特有の体調不良をも改善させることがわかりました。ダイエットのモニター実績では2ヶ月間のプログラム実施により、以下の様な結果となりました。詳細はクリニックサイトにてアンケートなど、レポートも公開されております。
詳細:http://rara-clinic.com/menu/monitor_program/ (医療法人社団友志会ララクリニックより)

d16099-56-753891-2.jpg

【プログラム共同研究・監修 医師】

d16099-56-880431-1.jpg

青木晃 医師 プロフィール
元順天堂大学大学院加齢制御医学講座准教授、医療法人輝鳳会 横浜クリニック院長、医療法人社団友志会ララクリニック内科部長。
防衛医大、東大医学部付属病院などで、内分泌・代謝内科、腫瘍内科の臨床研究に従事。日本の生活習慣病、がん疾患の撲滅のための診療を実践。「老化が病気を引き起こす」という観点からアンチエイジング(抗加齢)医学のフィールドにおいて早くから活躍。2007年10月、順天堂大学大学院に開設されたアンチエイジング医学の講座「加齢制御医学講座」の准教授に就任。2008年7月より横浜クリニックにおいて、“老化による免疫力の低下”ががんを進行させるという観点から、がんの免疫療法にも力を入れている。TV、ラジオの健康情報番組への出演、多数の雑誌内特集記事の監修、書籍の執筆や講演活動などを幅広く行い、生活習慣病予防、抗加齢医学の啓発に従事。日本健康医療学会常任理事。日本抗加齢医学会評議員。

【Fossil Group, Inc.について】
Fossil Group, Inc.は、ライフスタイルプロダクトとファッション・アクセサリーの、デザイン、マーケティング、ディストリビューションをグローバルで展開しています。同グループの主要製品は、自社ブランドおよびライセンスブランドのメンズ、ウィメンズ・ファッションウォッチ、 ジュエリー、ハンドバッグ、レザーグッズ、アクセサリーです。製品は23の支社と75社のディストリビューターを介し、米国、および約150か国の百貨店、小売店、時計宝飾専門店、また600以上の直営店と、米国が管理するインターナショナルeコマースサイト www.fossil.com で販売しています。

社名               : 株式会社フォッシルジャパン
本社所在地       : 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 SOUTH GATE新宿7F
代表者             : 代表取締役社長 木村 信也
URL                : https://www.fossilgroup.com/ (English Page)

【MISFIT について】
MISFITは「いつでも、いつまでも着けていたい」商品の開発を目標としています。急激に成長しているウェアラブル・デバイス業界をリードしているMISFITは消費者の健康的な毎日をサポートするための商品・サービス開発に努めています。初作の「SHINE」は エレガントなデザインが特徴のアクティビティトラッカーでスマートフォンと連動して、自身の様々な情報を瞬時に得ることができます。ミスフィットは2011年にSonny Vu氏、Apple社・Pepsi社の元CEOであるJohn Sculley氏、Agamatrix社のCTOである Sridhar Lyengarと様々な有名投資家によって設立され、2015年11月よりFossil Groupに参入しています。
MISFIT 最新情報    : http://jp.misfit.com/

【株式会社リラクについて】
健康増進から医療まで一貫して提供できるヘルステックカンパニーとなるべく、国内でリラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku」を運営するほか、デジタルを活用した健康支援にも活動を広げ、店舗での顧客データや自社開発の体調管理アプリより収集したデータをもとに、データベースマーケティングを行っています。主ブランドである「Re.Ra.Ku」は現在、店舗数は約180店舗に達しており、リラクゼーション業での単一ブランド店舗数は東京No.1(※)を達成。「肩甲骨ストレッチ」を中心とした独自のストレッチ&ボディケアを通し、ユーザーの健康をサポートしています。また、2015年にヘルスケア研究所を設立、医師や大学教授などと共同で未病分野における健康増進・病気予防のための研究やヘルスケア分野に特化したコーディネート事業など、活動を広げています。
(※) 一般社団法人 日本リラクゼーション業協会、2015年7月調べ

URL                      :   http://www.reraku.co.jp/
店舗ブランド            :   http://reraku.jp/

<本案件に関するメディア問い合わせ先>

株式会社リラク 広報室 / 好岡 
TEL:03-5468-8869
FAX:03-5468-8875
MAIL:press@reraku.co.jp(広報室)